NDC山査子_斜め_補正s.jpg

さんざし

漢方・生薬の原材料「山査子」

さんざしは中国を原産とするバラ科の植物で、さくらんぼよりも少し大きい“姫リンゴ”のような実を結びます。
中国では約2千年前から広く食されてきました。
ヨーロッパでは「さんざし」のことを“メイフラワー”と呼び愛されているなど世界中で食されている果実です。
もちろん日本でも昔から、健康と美容を気づかう人たちを中心に大人気です。